School of Special Needs Education Attached to Faculty of Education, Okayama University
 
文字サイズの変更元に戻す







表示色の変更
top > 小学部> 小学部活動ブログ 
【小学部】活動ブログ >> 記事詳細

2019/06/28  16:08Tweet ThisSend to Facebook | by:小学部

附属小との交流学習をしました

 6月に,附属小学校5年生と交流学習をしました。附属小学校は,3クラスあるため,それぞれのクラスと計3回の交流学習をしました。今年度は,これまでとは形を変えて,集会の形式で行いました。

 はじめに各校の児童が向かい合って座り,始まりの会をします。会の予定を確認したり,お互いにあいさつをしたりするのですが,初めて会う友達にみんな少し緊張している様子でした。その次にそれぞれペアになり,自己紹介をしました。一緒に活動する友達に向けて,恥ずかしがりながらも大きな声で自分の名前や好きなものなどを発表することができました。

附属小の友達のことも分かってきたところで,ゲーム活動に取り組みました。3つのチームに分かれて,ボール運び競走をしました。ボールを落とさないようにペアの友達とスピードを合わせつつ,できるだけ早くゴールできるように,どのペアも友達同士協力しながら取り組んでいました。ゲームに取り組む中で,緊張していた子どもたちの顔にも笑顔が見られ始め,友達の動きを見たり,声を掛け合ったりと,自然と関わることができるようになってきました。


ゲームの後は,それぞれの学校で取り組んでいることを発表しました。本校の子どもたちは,運動会で取り組んだ棒体操を発表しました。附属小の友達の声援を受けながら,一生懸命体操しました。附属小の発表は,楽器演奏やダンスなど,クラスによって様々で,子どもたちはどれも夢中になって楽しんでいました。発表が終わると,お別れです。あっという間に楽しい時間が終わってしまい,子どもたちは残念そうでしたが,バスに乗っていく附属小の友達に「また来てね!」「また遊ぼうね!」など,声を掛けて見送りをすることができました。


 それぞれの会は短いものでしたが,子どもたちは2回目,3回目と回を重ねるごとに,見通しがもてるようになり,新しい友達が来てくれることを楽しみにしたり,友達を意識しながらゲームに取り組んだりと,附属小の友達と積極的に関わろうとする姿が見られるようになりました。年に1度の交流学習ですが,とても貴重な経験ができたと思います。