School of Special Needs Education Attached to Faculty of Education, Okayama University
 
文字サイズの変更元に戻す







表示色の変更
ホーム > 保健室> 学校における薬の取り扱い 

学校における薬(服薬・点眼・塗り薬等)の取り扱いについて

 本校では,保護者から依頼があった場合に限り,保護者に代わって与薬をしています。安全かつ適切な与薬を行うために,下記を参照の上,別紙『与薬依頼書』と『薬剤情報提供書』(薬の説明書)の提出をお願いします。


 
 次のことが満たされないと、学校職員が医薬品の使用の介助を行うことはできません。
  1. 医師の診断・処方を受けているものであり、教育時間中に与薬が不可欠なもの
    ※市販薬や保護者の判断で持参された薬は,学校では使用できません。

  2. 与薬依頼書(別紙)を提出してください。
    *『与薬依頼書』は、下記よりダウンロードしていただくか、保健室にも用意しています。
    与薬依頼書(短期).pdfは、風邪薬等の一時的な薬
    与薬依頼書(長期).pdfは、抗不安薬等の継続的な薬

  3. 薬剤情報提供書(薬の説明書)があれば、写しを一緒に提出してください。

  4. 内服薬は、必ず1日1回分ずつ持参してください。(まとめて数日分はお預りできません)その際,薬包や容器に,必ず氏名を記入して下さい。
    ※目薬や塗り薬など分包できない場合は、そのまま預かります。

  5. 頓服薬等、学校での判断が必要な薬はお預りできません。

・修学旅行や宿泊学習等の学習時の与薬については,別途連絡します。
・不明な点等がある場合は、担任または保健室に連絡してください。